もしかして自己中?ワガママ女性の手相には「KY線」があるって本当?

もしかして自己中?ワガママ女性の手相には「KY線」があるって本当?

まずはじめに、「KY」とは「空気が読めない」という言葉の頭文字で、女子学生の間で2006,2007年頃に流行り出した言葉です。若者の言葉には流行り廃りがあるものですが、この単語は言いやすさと用いりやすさから、今もなお多くの人に使われています。
周囲のことを考えずに発言して、場をしらけさせてしまう・・・こういう人は、のけものにされやすいです。特にそのKYさが、自分の要望を通すための、自己中心的なワガママが元になっていると、周りから嫌われやすくなります。

 

そこで今回は、「KYな手相」についてまとめました。
KY線以外にも、KY要素のある性格を示す手相も合わせて紹介しておりますので、その人の持つKYさを取りこぼしなく見つけることができますよ。
周囲にKYな手相を持つ人がいる場合は、その人の言動に振り回されず、全ての意見を取り入れないように気を付けてください。
また、自分の手相に当てはまらないかをチェックすることで、周囲から浮いてないかを確認するのもオススメです。知らず知らずのうちに空気を読めなかった場面がないかを反省することもできるので、自分の言動や考え方を正しやすくなります。

 

KY線とは

KY線とは、「生命線と知能線の始点が、それぞれ離れているもの」です。
ほとんどの人が、生命線と知能線の始点が同じになっている中で、それぞれ独立した線として表れているのは、珍しいのです。
ちなみに「知能線の始点が、木星丘にある」「知能線の始点が、第一火星丘にある」「知能線が手のひらの上半分を進み、最後まで生命線と交わらない」などいくつかのケースがあります。

 

これらの手相に共通して言える性格は、「自分の感情や夢をしっかりと把握している」というところです。
「楽しい」「悲しい」などの自分の感情に敏感だと、良いことは自分から積極的に続けられますし、嫌なことはすぐにシャットアウトできます。心の健康を保つには、自分の感情をしっかりと把握しておくことが大切です。
また、自分の夢を明確に持っていると、怠けずに努力し続けることができます。毎日を無気力に過ごすこともないので、有意義な日々を送ることができます。
これ自体は、KY線の持つ魅力でもあります。

 

ですが、これは逆に言えば、「自分の感情や夢を優先するあまり、他の人や物を蔑ろにしてしまう」というリスクをはらんでいることにもつながります。
「他の人に迷惑をかけることでも、私は楽しいから続けていく」「私はこの作業が嫌だから他の人にやらせる」「私には夢があるから、他の人を助ける時間がない」・・・このようなわがままは、他の人を苦しめ、その場の雰囲気を凍らせます。周囲にも迷惑をかけて、嫌われてしまいます。
このことから、空気を読まずに自己中心的な行動を続ける性格を表す線として、「KY線」と名付けられているのです。

 

恋愛になると暴走してしまう、KYタイプ

「感情線が濃く、まっすぐで、中指あたりまでしかないほど短い」「感情線が激しく乱れている」「結婚線から、上を向いた短い線が何本か出ている」という手相が、これに当てはまります。
結婚線とは、小指側の側面から出ている、短い線のことです。感情線から水星丘(小指の付け根のふくらみ)の間のゾーンに現れます。

 

このタイプの手相の方は、他のことでは落ち着いているのですが、恋愛になると一転して、空気を読めずに暴走してしまいます。
相手の気持ちを考えず、自分の「好き」という気持ちだけで行動してしまうので、思いを寄せている相手を困らせることになります。TPOを考えない熱烈なアタックは、時として相手に恥をかかせてしまいます。また、付き合ってもいないのにライバルに異常な敵対心を燃やし、喧嘩を引き起こすこともあります。このようなことを続けていては、いつまで経っても恋愛は成就しません。
また、付き合っている相手がいるとしても、恋人が引いていても気にせず、結婚に関する話し合いを進めようとします。結婚は一人ではなく、二人で決めていくものです。このような、自分のことしか考えていない行動を続けていると、相手はあなたと結婚したいという気持ちを失ってしまい、破局につながることもあります。

 

このタイプは、恋愛感情に対してとても正直すぎて、空気を読むことを忘れてしまうのです。
だからこそ、アタックをするときは、一度相手の行動を伺うようにしてください。相手が恋人がいなくて寂しそうなときや、自信をなくしているときに、アタックをするのがオススメです。アプローチで大切なのは、回数よりも質です。空気を読むことを覚えて、効果的なタイミングで、がつんと相手の心に響く好意の伝え方をすると、恋愛の成功率もかなり上昇します。

 

仕事での単独行動が多い、KYタイプ

「運命線の始点が手首で、終点が土星丘にある」「リーダー線が複数本ある」という手相が、これに当てはまります。
運命線とは、中指の方向に向かっている線のことです。
土星丘とは、中指の付け根のふくらみのことです。
リーダー線とは、始点が生命線、もしくはその付近で、土星丘の方を向いた斜めの線のことです。

 

このタイプの手相の方は、仕事に対してとても真面目に向き合います。不正なんて絶対にしませんし、手を抜いて他者に肩代わりさせることもありません。
むしろ、自分の力だけで仕事を完遂しようとするところがあり、そこが問題点となっています。
人に頼ろうとしない姿勢は、意思の強さや仕事内容への誇りを感じさせますが、休みも当然少なくなるのでヒューマンエラーの遠因になることもあります。ミスを起こせば、結局他の人に迷惑をかけてしまいます。
また、あなたが一人だけで頑張りすぎると、他の人の頑張りがかすんでしまい、反感を買って孤立することもあります。
どんな仕事も、最初から最後までどこかで他者と接するので、空気を読まず単独行動で仕事をしすぎると、浮いてしまうのです。

 

ですので、他者と協力して仕事をすることの楽しさを覚えてください。
最初は自分の好きなように行動できず、他者の顔色をうかがうことに苦痛を感じる場面もあるかもしれません。ですがそれに慣れたら、他者と意見を交換しながら効率よく仕事を進められるありがたさが分かるようになります。他者と関わることで刺激を受けて、新しいアイディアも生まれやすくなります。
また、一人だけで気負わなくてすむので、落ち着いた気持ちで仕事に挑めるようにもなります。気持ちの余裕は、ミス防止にもつながるため、今まで以上に正確な仕事ぶりを発揮できますよ。
仕事への真摯な姿勢はとても素敵ですので、それをもっと活かせるように、他者と力を合わせて頑張ってくださいね。

 

人間関係で孤立しやすい、KYタイプ

「知能線と生命線と感情線が、全て同じところから出ている」「感情線が、標準の位置よりも下から出ている」「アブノーマル線がある」という手相が、これに当てはまります。
感情線の標準の位置とは、小指側の側面を4等分したときの、上から4分の1のところです。
アブノーマル線とは、始点が中指と人差し指の間で、そこからぐるっと中指の付け根を指輪のように縁取る線のことです。

 

このタイプの手相の方は、2パターンに分かれます。
1つは、いわゆる「熱血系KY」で、非常に愛情深いです。手相で言うと、「知能線と生命線と感情線が、全て同じところから出ている」「感情線が、標準の位置よりも下から出ている」が当てはまります。
このタイプは、自分の価値観に沿わないことは、間違ったことは間違っていると伝え、正しい道に戻してあげようとします。大切な友達であればあるほど、この傾向は強くなります。ですが、相手にとってはありがたいけれど迷惑だと思われてしまうことも多く、場の空気は一気にしらけます。「あの子と関わっていると面倒だ」と距離を置かれてしまうのです。相手のことを思うが故の注意だったからこそ、疎遠になってしまうのは悲しいですよね。
ですが忘れてはいけないのは、「価値観は人それぞれ。あなたにとっての正しい道が、相手にとっても正しい道とは限らない」ということです。あなたと同じように、相手も正しいと思ってしている行動だったとしたら、あなたに咎められるのはやはり不快になってしまうものです。
相手の価値観を尊重することは、空気を読むことにもつながりますよ。

 

もう1つのパターンは、「価値観が独特なKY」で、変わっている人と思われることが多いです。手相で言うと、「アブノーマル線がある」が当てはまります。
このタイプは、行動や価値観が独特です。特に、仕事や趣味など、自分が興味を持っているものには、なりふり構わず全ての労力を注ぎ込みます。この時に人に引かれてしまうことに関しては、一切の興味を持ちません。
また、人への興味が特に薄く、KYであることを恥だと思ったり、恐れることはありません。その一方で、心のデリケートなゾーンが他の人とは違うところにあるので、急に怒ったり泣き出したりすることもあり、「え、そんなことで怒るの!?」と周囲をびっくりさせてしまいます。
このタイプは他者と価値観が違うので、KYと呼ばれることもあまり嫌がりませんが、周囲とは少し違う考えを持っていることは覚えておいてください。その自覚があれば、暴走しすぎて後戻りできないくらい空気を乱してしまいそうになっても、最後の一歩で踏みとどまることができます。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    金星丘-手相占い

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する