手相で文系か理系か分かる!あなたはどっちのタイプ?

手相で文系か理系か分かる!あなたはどっちのタイプ?

「文系」「理系」という言葉は、進路を選択するときなどに、よく聞く言葉です。得意教科・苦手教科などから、自分に向く方を選ぶことができます。
その後のあなたの進学や就職にも大きく影響してくるため、適当に選ぶのではなく、自分の向き不向きややりたいことを真剣に考えなければいけません。
また、物事の考え方からも、文系・理系は分けることができます。
文系は、人の気持ちを大切にして、知識を吸収することに喜びを感じます。それに対して理系は、誰にでも共通した認識となっている数字を大切にして、これまでのデータや理論を元に物事を考えます。

 

そこで今回は、「文系の手相」「理系の手相」を、それぞれまとめました。
得意なことや考え方のパターン、何が好きで、どんな学習方法が向いているか・・・など、様々な面から解説しています。
自分がどちらに当てはまるかを知ることで、これからの勉強への向き合い方も変わります。
学生の方は、自分の勉強方法や進路を選ぶ時に、ぜひ参考にして下さい。ちなみに、自分のやりたいことと、文系・理系のタイプが合わなかった場合は、夢を優先してももちろん大丈夫です。あえて違うタイプだからこそ、苦手分野を重点的に学習するよう意識できますし、他の人がつまずくような場面でつまずかずに学べることもあります。「自分の夢と、自分の文系・理系のタイプが合わないから、夢を諦めなきゃ・・・」という風に、決して思わないでくださいね。
また、学生ではない方も、資格試験などあらゆるところで勉強する機会はあります。考え方のパターンを知って、人間関係にも良い変化をもたらすことができる場合もあるので、そちらでも応用してください。

 

文系

好奇心や知識欲が強く、本から得た知識を自分のものにできるタイプ

「感情線が、標準地点より上」「運命線の始点が、土台線になっている」「小指が長い」というタイプの手相の方が、これに当てはまります。
感情線の標準地点とは、手の小指側の側面を4等分して、上から4分の1のあたりのところです。
運命線とは、土星丘(中指の付け根のふくらみ)に向かう線のことです。
土台線とは、始点が二股で「人」という漢字のような状態になっている線のことです。

 

このタイプの手相の方は、知識を吸収すること自体に楽しみを見出します。
そのため、自分の知らないことを見つけると驚き、注意深く観察して、知識として頭に入れます。それを応用して、自分の生活の中で役立てていくことも、このタイプにとっては、日々学んでいく中での楽しみでもあるのです。
このタイプは、好奇心も強いので、分からないことはすぐに調べて学習します。一定の知識量ではなく、年を重ねるにつれてどんどん物知りになっていくのは、人としての魅力も底上げしてくれますよね。
ちなみに、このタイプの知識の情報元は、メインは「本」です。根っからの文系気質なので、どんなに長く厚い本でも、読むことは全く苦になりません。それだけたくさんの知識を得られると思えるので、むしろ楽しみだと感じるほどです。

 

このタイプの学習への向き合い方が活かされるのが、「資格試験」です。
たくさんの知識を頭に入れること、そしてそれを必要な場面で思い出して応用すること。こうしたインプットとアウトプットが上手にできれば、資格試験での合格率はぐっと上がります。
理系科目にも資格試験はたくさんありますが、このタイプは考え方のベースが文系思考なので、文系科目の資格試験から制覇していくことをオススメします。

 

観察眼があり、他者の気持ちを客観的かつ冷静に考えるタイプ

「知能線が、真っ直ぐな横線になっている」「直感線がある」というタイプの手相の方が、これに当てはまります。
直感線とは、始点が月丘(小指の真下で、かつ手首の近くにあるふくらみ)で、終点が水星丘(小指の付け根のふくらみ)の、半円の線のことです。

 

このタイプの手相の方は、人の気持ちを読み解くことがとても得意です。
このタイプは、人のことをいつも注意深く見ています。相手の言葉やふとした仕草、癖などから、相手が今何を考えているかを探ることができるのです。
「いつもより元気がない」「落ち込んだ時には、この癖が出る」など、これまでの経験と記憶に基づいた判断をするので、外れることはほとんどありません。

 

このタイプもまた、文系脳の持ち主です。
学生時代、現代文の小説のテストで「この時の主人公の気持ちを答えなさい」という問題が出ることがあったかと思います。これは、少ない情報の中から、相手の心の内を知ることができるものだけをピックアップして、相手の心情を判断できるかを計るものです。
正にこのタイプにはうってつけですよね。
ですので、この能力は対人関係に役立ててみてください。相手の心を考えてあげて、必要な時には寄り添ってあげて、そうでないときにはお互い心地よい距離に戻る・・・あなたなら、こうした「つかず離れずの理想的な距離感」を誰とでも作ることができますよ。

 

理系

一つの物事に没頭できる集中力で、特定の分野を誰よりも究めるタイプ

「知能線の終点が、第二火星丘にある」「オタク線がある」というタイプの手相の方が、これに当てはまります。
第二火星丘とは、水星丘と月丘の中間にあるふくらみのことです。
オタク線とは、始点が月丘で、土星丘の方に向かうもののすぐ終わる、短いカーブ線のことです。

 

このタイプの手相の方は、一つのことにのめり込みます。
集中力と熱意の塊であるという意味では魅力的ですが、他のことが見えなくなってしまい、暴走しやすいという点では気を付けなければいけません。
とはいえ、のめりこんででも究めた道は、あなたの一生を支えてくれる素敵な財産となります。一つの分野でもたくさんの経験をすることで、どんな事態にも対応できて、周囲をサポートすることができます。のめりこんで学び続けた知識は、時が経っても色あせず、あなたの仕事に役立てることもできますし、あなたのピンチを救ってくれますよ。

 

このタイプは、典型的な理系脳の持ち主です。
文系タイプであれば「周囲がどう考えるか」と人の心に目を向けるような場面でも、理系タイプは動じずに、自分の気になることや知りたいことを優先するタイプです。合理的で、さっぱりとした考え方をします。
また、このタイプは、文系の「好奇心や知識欲が強く、本から得た知識を自分のものにできるタイプ」と同じで、知識への貪欲さがあります。
自分の気になる分野であれば、強い興味が湧いてくるので、それを応用した資格試験にチャレンジすることをオススメします。もちろん「理系の資格試験」から制覇するよう、心がけてくださいね。長期的な学習意欲があり、これから先もそれを失わない自信があれば、医師などのハイレベルな資格を所得することも夢ではありません。

 

あらゆる理論を並行して瞬時に考え、様々な可能性を導き出せるタイプ

「知能線が、中指と薬指の間よりも前で終わる」「中指が長い」というタイプの手相の方が、これに当てはまります。

 

このタイプの手相の方は、物事を考えるときのスピードがとても早いです。
他の人が一つの選択肢について考えている間に、このタイプは何パターンもシミュレーションし終えていることもあるほどです。
あらゆる可能性を考え、それぞれが成功する確率まで割り出せるので、最も失敗の少ない道を常に選び取ることができます。また、考えるスピードだけに特化しているわけではなく、理論などを覚える記憶力もあります。理論を元にしたれっきとした根拠があるのは、周囲から見ても心強いですよね。
これは、未知の分野を解き明かすような、時代の最先端を行く理系の研究職に、非常に向いています。

 

ただ、一つだけ注意しなければならないのが、「皆があなたと同じスピードで考えられるわけではない」ということを忘れてしまいがちなところです。
あなたが猛スピードで様々な選択肢を考えているとしても、皆がそのスピードについてこられるわけではありません。あなたにとっては当たり前のことでも、それが皆にとって特別である、ということも大いにあり得ます。そこにイライラしたり、相手を急かしてしまうと、周囲との関わりに亀裂が入ってしまうのです。
自分が成功させたいものについて考えることと並行して、「誰も傷つかないですむためには、どうすればよいか」にも目を向けてください。これができるようになるだけで、能力の差による人間関係のトラブルは一気に減ります。すると、あなたが成し遂げたかったことも、周囲の協力により、今まで以上にスムーズに進むようになりますよ。

 

金銭における計算や予想が得意で、それを元に財を得るタイプ

「財運線が2本あり、1本は水星丘の真ん中にあり、もう1本は小指と薬指の間にある」「財運線が濃く、小指と薬指の間に1本ある」「知能線が、感情線と交わることで上向きとなり、終点が小指と薬指の間の近くになる」というタイプの手相の方が、これに当てはまります。
財運線とは、水星丘に向かう短い線のことです。

 

このタイプの手相の方は、お金の運用がとても得意です。
理系ならではの計算力を活かし、お金を効率的に増やすことができます。お金の流れや必要な制度やシステムをきちんと理解していないといけないため、勉強家で、かつ理系脳であることも分かります。
数字への慣れ、一定のルールを理解して応用できる柔軟さ、タイミングを見極める観察眼と度胸・・・これら全てを、バランスよく自分のものとしなければいけないですが、頑張ってくださいね。
「どのタイミングで動けば得ができるか」「今、お金を使用することは損になるか」・・・など、シビアな考えを持つことも忘れてはいけません。

 

お金の運用はとても勇気がいりますし、この手相に当てはまり素質があることが分かっても、最初のうちは失敗してしまうこともあります。最初は少額にしてリスクを下げつつ、たくさんの経験を積んで、あらゆる教訓を自分のものにしてください。
ちなみに、お金に関することは、ここだけでなく「財運線」「運命線」「太陽線」も大きく関わってきます。このタイプに当てはまった方は、ぜひそちらにも目を通してくださいね。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する